体への効果効能

体の調子が悪い時、多くの人が薬に頼りがちですが、薬以外にもたくさん改善策はあります。
その中でも特に女性に支持されているのが、エッセンシャルオイルです。
アロマテラピーは日本国内では医療と認められていませんが、それでも多くの不調に効果があります。
例えば喉の痛みが生じた時、この場合は抗菌作用のある精油を選びます。具体的には、スペアミントやペパーミント、ユーカリなどが効果が高いとされており、同時にユーカリとレモンをブレンドする事でうがい薬としても有用です。


また、トイレに行く回数が少ない時や排尿を我慢してしまう時に、尿が膀胱に長時間溜まる事で細菌感染しやすくなり、膀胱炎を引き起こす事もあります。
特に尿道が短い女性がなりやすく、ストレスや疲労などで免疫力が低下している時になりやすいです。こういった時にはラベンダーなどのハーブティを飲んだり、「ラベンダー+ベルガモット」や「ラベンダー+ローズウッド」などのアロマバスも効果が期待されてます。
そしてこちらも女性に多い冷え性ですが、体を温める作用や、血行を促進する作用のある精油を取り入れるようにします。
柚子やレモングラス、ローズマリーなどが有効的で、アロマバスやマッサージで症状を改善させていきます。

コメントは受け付けていません。